ロボットとの違い

日本の江戸時代のからくり人形はその動きをより人間のリアルな動きに近づけようと努力されました。
現在のロボットもからくり技術を大いに取り入れつつ発展中ですが、医的、宇宙活用と広りつつありますが、日本の江戸の人形は簡単な仕組みながら、金属をあまり使わなかったので、木材や鯨のヒゲなどが主で(一部はしんちゅう歯車も江戸後期には使われる様に成った)それも鎖国の影響が大きく幕府に目を付けられ、罰せられることがあった。
にもかかわらず作者達は鯨のヒゲなどをたくみに使い人間の目の動きやマユの動き又首の動きなどを再現しました。