からくり人形の株式会社タイヘイ|HOME > 西洋からくりと日本からくりの違い

西洋からくりと日本からくりの違い

18世紀頃が特に盛んでフランス人形の女の子がする簡単な動作のものから複雑なものはスイスのジャケドロー氏が作った文字を書く人形などで、車輪などの金属を使い、時計の機械の応用を重ねたものが多く、金属の鋼のぜんまいが動力とされている。又動きは現在のCD又レコード版の様なディスクを入れ替えると動きのタイプが変わるもので大変大きく重く複雑に出来ており、このような品は主に高額な為王族などの所有物でもあった。

違いとしては日本からくりは鎖国の影響で金属類はあまり使われていない武器とみなされるのでそれに変わり西洋のからくりは時計技術が集まったものでに作られている又作品としても大きなものが有る。

一方日本人形の動きは人間の生きた姿に近いと伝れています。
又西洋からくりはクロックウォーク(パタパタと漫画的である)
音楽入りの物も中にはある。(オルゴール)