職人の紹介

田中 久重

田中久重が得意としていた弓を曳く人形の「弓曳き童子」は矢を取り上げて弓につがえます。
顔はしっかりと的を見る程の精巧な作りで知られています。

堀江 出海

堀江出海は日本で唯一の西洋からくり人形「オートマタ」の復元に成功した人物として知られています。19世紀ヨーロッパでは時計職人たちが腕を競い合う様にゼンマイ仕掛けのからくり人形を製造し、貴族たちが集うオークション会場でごく稀に取引されてました。
堀江出海は日本で唯一のオートマタ作家として活躍されています。
一体が完成するまで約1年と言う月日がかかりますが、展示会が開催される度に、注文が入り品質にも定評があります。

橋本 銕也

橋本銕也は西洋骨董輸入事業を行う会社を大阪で設立。
数々の骨董品や、中古着物の販売等を行ってきました。後に「科学技術史博物館」に入会し、からくり研究理事長の東野進氏と共にからくり人形の文化を今に伝えるため展示会を全国で開催する様になった。

2009年からくり研究会会長に就任。
現在に至る。