ごあいさつ

日本からくり研究会は2007年頃江戸の伝統芸術の伝承と保存復元を促進するために発足致しました。
江戸時代の三大興行として人々の間で大いに親しまれました努めが明治に入り、機械文明の発達も影響しからくり人形興行のみが没する事に成り現在にがっきり伝わっていません!
これを当会は復元再現伝承にすばらしいロボット大国日本の礎的存在のからくり人形技術をしっかり未来へ伝え、今日の世界ロボットの将来の為に貢献出来れば幸いと考えて会の運営に力を入れるものです。

文字書き人形

からくり人形の歴史
The history of karakuri doll

からくり人形の歴史は日本では江戸初期にXX人形の発明に始まり以降色々な動きをする人形が作られ考案され明治初期に一度終わる形と成りま....
>>さらに詳しく見る

ロボットとの違い
The difference with the robot

日本の江戸時代のからくり人形はその動きをより人間のリアルな動きに近づけようと努力されました。現在のロボットもからくり技術を大い....
>>さらに詳しく見る

西洋からくりとは
About West doll

18世紀頃が特に盛んでフランス人形の女の子がする簡単な動作のものから複雑なものはスイスのジャケドロー氏が作った文字を書く人形など....
>>さらに詳しく見る

からくり人形の設計図
Blueprint

江戸時代の人たちに愛されたからくり人形はどのような仕組みで動いていたのか。当時の機構図をもとに復元された....
>>さらに詳しく見る